5時間後始まる錦織選手の決勝戦。
かつて決勝戦までコマを進めたのは清水善造選手。
1920年ウィンブルドン大会決勝戦のエピソードは、私が小学校の時、国語の教科書にありました。
その清水選手は高崎市箕郷町の出身です。
清水選手の強靭な手首、足腰を作り上げたのは草刈りと片道15kmの道のりを高中(現高崎高校)へ歩いて通った事だという話は折にふれて聞いています。

清水