siori
児童文学同人誌「栞」は横浜を中心に活動する同人誌です。
創刊時頃からメンバーの方と知り合いになって以来ずっと読ませていただいてます。
本を開いて友達の文章に目を通しているうちにぬくもりのような感じが伝わってきました。
あれ、何でだろう?今まではこんな感じは受けなかったと思う。
思い当たるのは最近ずっと本の活字に目を通してないという事があるかもしれない。
マンガ雑誌は購入してみているけれど本を手に取って活字を追うという作用をしていない。
ネット上のPCやタブレットの画面からは本を読んでいても本の手触りと活字が久しぶりなんだ。
それとやっぱりお話しを書いてる人が身近だということもあるだろう。

他にもう1点思い当たる事。
2年前くらいからSNS(facebook、ツイッター、インスタグラム)への投稿を自分でめったにしなくなっている。
つまりネットでのコミュニケーションを好まなくなっているのです。
そんな中、SNSの友達になっている方から送られてきた同人誌。
発行人Sさんから同封されてきたメッセージ。
「今回の号はなかなか面白いぞ、と思っています」
その通りでした。