3月19日に父が95才で亡くなりました。
3年前に脳梗塞を発症し一時は水も喉を通らない状態から復帰し自宅からデイサービスに通えるようにまでなりました。
1年半後脳梗塞を再発し、誤嚥性肺炎も併発し昨年末には「もう今後口から食べる事は難しい、かなり厳しい状態です」と言われ年を越せるかどうかも危うい状態でした。
その後中心静脈、経管医療により寝たままでしたが多少の元気を取り戻し、それを気に頻繁に面会に行けるよう3月6日に町内の医療施設に移りました。
状態も落ち着いてきており22日には介護施設に移れる予定でしたが17日(土)に急変しました。
月曜朝医師から残り数日だとの説明を受けました。
その日の午後1時前電話があり「呼吸が少なくなってきましたので来てください」と病院から電話。
車で5分くらいのところにある病院に駆け付けましたがそこで目にしたのは付き添っていた母と父のみ。
「え!?・・・・・・・」
間に合わなかったのか、そんな!
悔しくてなりませんでした、

22日が葬儀でした。
動画を作成し流しました。
父の好きだった「武田節」を使わせていただきました。

IMG_1059